なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

はてブをつけた記事を全文自動でEvernoteに保存できるサービス『hatebte』

Sponsored Links


はてなブックマーク(B!) した記事を1記事毎に全文Evernoteに送ることができるサービス。
『hatebte』のご紹介。

Sponsored Links



hatebteのトップページはこちらから

必要事項を記入しよう。

登録が完了すると記入したメールアドレスにメールが送られる。
メールが送られたらログインできるのでログインしよう。
設定を変更できるので必要に応じてノートブックの指定などを行おう。

配信停止なども簡単に行える。

先日こんな記事を書いた。

この記事を書いた時点では『hatebte』の存在を詳しくは知らなかった。
この記事がいろんな方に読んでもらえたおかげで『hatebte』というサービスがあることを知ることができた。
教えてくれた @jun1log さんありがとうございました。
そしてこの記事の内容と『hatebte』を組み合わせるとYahoo! Pipesを使用しなくても良い。
教えてくれた @jun1log さんは、はてブした記事のEvernote保存はhatebteで行い、InstapaperなどこのようなwebサービスがないものをEvernoteに保存する場合にYahoo! Pipesでタイトル成形を行っているとのこと。

hatebteを使用してみて、ちょうど自分で設定した1アクションで5アクションのEvernote保存と、hatebteのサービスを用いたEvernote保存を重複して使用したのでちょっとだけ検証してみた。

前提としてReader2Twitterで自動はてブ付与の設定をしている。

まずは、BlogtrottrでEvernoteに送られた記事のレイアウト。
『ホームページをつくる人のネタ帳』さんは全文配信ではないので配信されている分の記事がEvernoteに保存される。
記事タイトルをクリックするとブラウザでサイトが立ち上がる。

一番の特徴はGoogleReaderのメモで共有した時のコメントも残されているということ。

次にhatebteで保存された記事は以下から。
記事内に含まれる全ての情報を送ってくれ、リンクも生きている。

こちらは自分のコメントは記録されてはいないがページ内の全ての情報が保存されている。
そしてタイトルはそのままにEvernoteに保存される。
ノートブックやタグ指定も簡単に設定できる。
Evernoteからはこのように見える。

タイトルがそのままなのはやはり美しいが、Yahoo!Pipesで短く成形したタイトルもそれ自体がタグのようになっていて個人的には嫌いではない。

どちらを選ぶかは個人の好みだろう。
私は自分のコメントが付与されたBlogtrottrでの運用をしようと思う。
しかし、ページ情報の全てを保存し、タイトルはそのままに保存してくれる「hatebte」というサービスも素晴らしい。
ノートブックやタグの管理をきっちり行いたい方には非常に重宝するサービスだ。
こういった便利なサービスのどちらを使用するのかで悩むのはとても嬉しい。
選択肢は多い方がいい。

私と同じようにEvernoteにwebクリップを保存する方法を用いる方は先日書いたこちらの記事をご参考に。

↓↓↓以下のアイコンからRSS登録 & はてブなどしていただけると “なまら” 喜びますw

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top