なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

英語の発音の苦手な人が「Siri」の認識精度を上げる方法

Sponsored Links


iPhone4Sのみに与えられた機能、「Siri」
でもまだ日本語対応していない。
使いたくても使えない、私もそんな感じ。
予想通り話した言葉はことごとく認識してもらえなかった。
でもね、ちょっと設定を変えるだけでかなり認識してくれるようになった。
Siri の操る言語を「イギリス英語」に設定しよう。
カタコトの英語でもかなり受け止めてくれるようになった、と思う。

※認識精度はご自分でご確認ください。

Sponsored Links



「設定」→「一般」→「Siri」から設定。

IMG 6077


デフォルトは「アメリカ英語」

IMG 6078


やっぱイギリスだよね!(意味不明)

ではここから「Siri」のヒアリングテスト。

1. 『What time is it now ?』

アメリカ編

IMG 6075


そっか、ハノイって時差マイナス2時間なんだ、勉強になるなぁ。
で、「Vietham」って誰??なんて読むの??
ってかこれが通じないとは…(泣)

イギリス編

IMG 6079


おぉ、通じた(涙)
良かった時間わかって〜。
ってか画面内に3つも「21:24」って表記もいらないけどw

2. 『Today’s weather』

アメリカ編

IMG 6082


今日の「Orissa」気になるよね〜、誰それかわいいの〜?
ってか「Weather」が「Orissa」に聞こえるってなんで…?(大泣)

イギリス編

IMG 6081


さすがイギリス!
聞いてくれてありがと〜。
言葉が通じるってこんなに嬉しいんだね(泣笑)

3. Set 6 am

IMG 6083


目覚ましセット!
こちらはアメリカもイギリスも通じた!
ってか早く起きろってことね。
なんとなく単語を区切って言った方が伝わりやすい気もした。
こちらの記事を参考にさせていただいてます。

iPhone4Sの音声アシスタント機能を使いこなそう【Siri 簡単フレーズ集】 « スタジオルーペ開発者日記

Siri は今のところアメリカ人やイギリス人、オーストラリア人になる。
ドイツ人やフランス人になることもあるようだ。
早く日本人の尻も見たいものだ。

Sponsored Links


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ベトナムのハノイじゃないですか?w いいな、siri触りたい。

    • ベトナムって読むんですね。
      それも知りませんでした、お恥ずかしいです。
      siri触りたいですよねw

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top