なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

超多機能な国産のRSSリーダークライアント「Sylfeed」に惚れた7つの機能 + α

Sponsored Links


rss
rss / TEIA MG

超多機能なRSSリーダーSylfeedのご紹介。
多機能とは取捨選択できる材料が増えるということ。
カスタマイズしてシンプルに仕立てあげることもできる。
さすが国産だ。



Sylfeed 2.0.3(¥250)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 1.5 MB)

Sponsored Links


まずはこのアプリを知ったこちらの記事のご紹介。
設定等は @flavor47 さんと @kuracyan の記事で丁寧に解説されている。

Googleリーダーの共有が無くてもはてブを付けて全文自動でEvernoteへ送る方法 | Yu_notes.

一日にしてRSSリーダーアプリを変更した。 Singer Song iPhone


Sylfeedに惚れた7つの理由

  1. Twitter投稿テンプレートが神
  2. 自分好みのUIにカスタマイズ可能
  3. 画面のコントラストを変えられる
  4. 同期も決して遅くない
  5. 部分配信のブログもワンタップで全文に
  6. 記事の表示順を新旧どちらからでも対応
  7. 複数アカウントにも対応
  8. 最後に


1. Twitter投稿テンプレートが神

先日のGoogleリーダーの機能変更に伴いメモ共有機能が廃止された。
それを完璧にカバーしてくれている機能。
個人的にはこの機能だけで購入する価値はあった。
右下の設定アイコンをタップ。
全ての設定はここから行う。

20111115190644

開いたページの下の方から「外部サービス」を選択。

20111115182548

連携したいサービスを登録する。
各SNSとの連携が豊富なのがありがたい。
国産のサービスなのではてなブックマークとも連携する。
私はTwitterと連携。

20111115182551

テンプレートが秀逸すぎる。
これほんと神。

20111115184703

Twitterテンプレートを作成した状態。
ここで B! を付けておくことではてブ付与。
はてブ付与されているのでhatebte(ハテブテ)の設定で簡単にEvernoteにも保存される。

この際に重要ポイントが一点。
カーソルを先頭に持ってきた状態で右上の「完了」をタップ。
そうすることで外部連携でTwitterを選択した際にコメントを先頭から書き始めることができる。

20111115185758

右下の外部連携からTwitterを選択。

20111115190214

後はコメントして投稿しよう。

私はこの機能を使用したくてSylfeedを購入した。

2. 自分好みのUIに変更できる

RSSリーダーのUIはシンプルにしたい。
できれば未読数のみがフォルダ単位で表示されているのが個人的には望ましい。

20111115190644 1

各RSSリーダーのUIって個性がある。
自分好みではない場合も多いがSylfeedは変更できる。

画面真ん中上の左側の○をタップ。

20111115190644 2

20111115191943

アプリを終了させても表示の状態は記憶してくれる。
その都度自分の求める表示に変更すれば良い。

3. コントラストも含めたテーマ色も変更できる

デフォルトの色から変更できないアプリは多い。
しかし、Sylfeedならコントラスト変更も加えての色の変更ができる。

「設定」→「テーマ」をタップ。

20111115193040

こんな感じにしたりもできる。
私は以下のようにした。

20111115193248

アドオンの購入でさらにテーマのテンプレート(全色)と「後で読むサービス」を追加できる。
見た目を変更できるのは重要だ。

4. 同期も決して遅くない

必要のない同期はオフにしてしまえばいい。
私はなるべく起動してから閲覧するまでの待ち時間を短くするように設定している。

ポイントは「設定」から「同期」の項目を極力減らすこと。
例えば私は「画像の先読み」はしていないし「新着アイテムの期間」も「なし」にしている。
ちなみにフォルダ毎の設定にも対応しているので細かい管理も可能だ。

20111115194505

フォルダごとの未読管理は実は便利。
一度登録したRSSってあんまり解除したくはない。
理由は登録フィードが増えるとよくわからなくなるから。
Sylfeedならフォルダを未読管理することで気分によって見ないことにするってこともできる。
また読みたくなったら設定を変更すれば良い。


5. 部分配信の記事もワンタップで全文に

Reederで重宝していた機能はSylfeedにも備わっていた。

20111115200709

これはめっちゃありがたい。

6. 記事の表示順を日付の新旧順で並べ替え可能

20111115201124

個人サイトは全部読みたいので古い順番での並びがいい。
記事数の多いサイトは新しい順番で読みたいことが多い。
ワンタッチで切り替えられるのは簡単でいい。

7. 複数アカウントにも対応

20111115201557

複数のGoogleアカウントを追加もできる。
実はアプリ自体のトップページがこちら。
アドオンもこちらから購入。
一番下の「Sylfeedについて」は公式ページへ。

GACHANET


最後に

設定の選択肢がユーザーに委ねられているRSSリーダークライアント。
今まで私はBylineReederと長く使用してきた。
でも今はSylfeed

購入の決め手は上記の1. の項目で書いた「Twitter投稿テンプレートが神」っていうのが理由。
でも最初は正直「ん?」と思う部分も多かった、多機能過ぎて。
でも各機能を咀嚼して理解していくとむしろシンプルに使えることがわかってきた。

無駄な機能を全て排除した使い勝手のいいアプリは美しい。
Reederの読みやすさと同期速度はやはり凄い。
でもRSSリーダーアプリが扱っているもの…それは使用する各々が選んだ「記事」だ。
自分で選んだ記事でも気分によって読みたい時もあればそうじゃない時もある。
設定次第でそこまでできるRSSクライアントは珍しい。

もっかい言うけど、ユーザーに多くの選択肢を委ねたアプリ。
まだ全体像は把握できてはいない。
しかしこれからどんどん使い倒してやるぜ!と思わせてくれるアプリ。
使ってゆくうちに各機能へのこだわりが見えてくる。
国産のRSSリーダー。
込められた想いは日本人にならよくわかる。


Sylfeed 2.0.3(¥250)
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 1.5 MB)


Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top