なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

炊飯器で作るおいしいチャーシュー(煮豚)の作り方

Sponsored Links


IMG 7363


元らーめん屋の春友です、こんにちわ。
最近こんな記事を読みました。

炊飯器でつくるチャーシューが簡単すぎ、しかもおいしい!

なるほど、炊飯器ね〜。
で、ちょっと作ってみました。
上記の記事では醤油を水で割ってるけど、煮ダレはらーめんダレとして使いたいので醤油をそのまま使ってます。
ってことで昔のらーめん屋時代の感覚で作ってみましたよ。
果たして炊飯器で美味しいチャーシュー&旨いタレはできるのか?
それではいってみよ〜。

Sponsored Links


材料はこんな感じ。
豚バラ肉。
肩ロース。
にんにく、しょうが、ねぎの青いとこ(臭み消し用)
醤油。

で、分量は以下にスクショで。

IMG 7326


豚バラ280g。

IMG 7327


生姜10g。

IMG 7328


にんにく14g。

IMG 7329


長ネギ24g。


IMG 7330


キッコーマン醤油、1リッター。

IMG 7333


ここで問題発生。
肉をヒタヒタにするには1リッター全部を入れなければならなくなった。
ちなみに炊飯ジャーは1升炊き用。
醤油1リッターに肉が280gはラーメン屋時代の感覚ではめっちゃ少ない感じなのでいろいろ追加。

まずは肉。
とりあえず圧倒的に肉が足りないので全部ぶち込むことにしました。

IMG 7348


IMG 7350


バラ肉301g追加!
さらに肩ロース326g追加!

IMG 7340


IMG 7341


IMG 7343


ニンニク16g(大きめひとかけら)、生姜20g、ネギ19g追加。

IMG 7344


全部入れた状態はこんな感じ。
昔ラーメン屋でチャーシューを煮てた時の景色はこんな感じ。
この分量だと6合くらい。

IMG 7346


トータルの分量を書いておきます。

醤油:1リッター
豚肉:907グラム
ニンニク:26グラム(大2片)
生姜:30グラム
ネギ(青いとこ):43グラム

こんな感じ。
部屋の中に醤油のニオイはけっこうします。
ちなみに米のかたさは「ふつう」に設定していて湯気の匂いを嗅いでみたら生姜の匂いがけっこうしました。
こういう匂いを覚えておくと今後の分量調整につながるかもしれないですね。

(中略)
1時間10分後に出来上がった。
完全に炊飯ジャー任せです。
蒸らしはせずに炊飯ジャーの蓋を開ける。
ドキドキ…

IMG 7351


IMG 7352


この上の絵を見たとき昔のラーメン屋時代を思い出しましたよ、リアルにw

IMG 7357


出来ばえですがバラ肉がたった1時間でこんなになるとかマジでやばい、炊飯器の調理レベル、っぱねえっす、うま過ぎ。
肉の臭みは全くなし!

IMG 7361


肩ロースはちょい赤いくらい(火は通ってる)が最高においしいので炊飯ジャーで一番いいものを作るのはちょっと難しいかも。
十分旨いですけどね。

煮出した後の醤油はチャーハンに使ったり煮卵に使ったりらーめんの醤油ダレに使ったり使用用途は幅広いです。

冷蔵庫で保存したチャーシューをあとで食べる際はアルミホイルに包んで10分位オーブントースターで温めると油が溶けて美味しいです。
炊飯器でチャーシュー作成はバラ肉だと特にオススメです。

上記チャーシュータレを使った本格ラーメンはこちら ↓


家庭で作る本格らーめん!ざっくりと1杯あたりのコストも計算してみたよ | なまら春友流
2日にわたる仕込みを終えてらーめんが完成しました。 今回は今後のらーめん作りの基礎としようと思ったのでいろいろと記録しながら作ってみました。 …

Sponsored Links


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 炊飯器の「炊飯」じゃなくてお湯を入れて「保温」でピンク色のチャーシューになります
    時間は6〜8時間かかりますが

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top