なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

紀伊國屋「kinoppy」がiPadのRetinaに対応!これからの電子書籍はRetinaが標準だね

Sponsored Links


IMG 7996


iPadで本や漫画を読むのは快適だ。
ビューワーアプリも続々とRetinaディスプレイに対応している。
そしてついに個人的に一押しの「Kinoppy」もRetina対応。
自炊をしない人にとって本の選択から購入、そして閲覧までできるアプリは重宝する。
しかも嬉しいのはApple IDで購入できるってとこ。
コンビニやで家電店などでのiTunesカード割引キャンペーンを利用すると安く買えるしね。

紀伊國屋書店Kinoppy 1.1.1(無料)
カテゴリ: ブック, エンターテインメント
販売元: Kinokuniya Co.Ltd. – Kinokuniya Bookstore Co. Ltd.(サイズ: 27.3 MB)

Sponsored Links



Retinaがどれだけ綺麗かは以下のスクショで。

IMG 0307


↑ これがRetina対応前。

IMG 0308


↑ これがRetina対応後。
うーん、こういう風に見るとあんまり違いがわからない。
ただ実際に見るとものすごい違う。
ほんと全然違う。
綺麗は正義、目が疲れないし3日では飽きないw
うまく伝えられないのがもどかしいけれど画面を見るとワクワクドキドキする、ほんとに。
一度この綺麗さを味わうともう戻れない。
ってことでこれからの電子書籍はRetinaが標準だろうね。
人って一度見てしまったものに関してはそれ以下を求めないからね。

で、一番言いたいことは読みたい本は全て電子版で購入できるようになって欲しいってこと。
現状では出版社の縛りと発売時期の縛りがあるので。
言い続けてたら出版社の紙だけの書籍の未来に憂いている人に届いてくれないかなという願望を込めて。
ってことで消費者目線のKinoppyと紀伊國屋をこれからも応援してゆきますよ。

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top