なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

関連記事を表示してくれるWordPressプラグイン「Similar Posts」の表示場所を変更する方法

Sponsored Links


13 wordpress logo1


人気な関連記事表示プラグインの「Similar Posts」
WordPressでブログを書き始めた時から便利に使わせてもらっていた。
ただ、通常通りの設定だと、


[html]

[/html]


内に関連記事が埋め込まれてしまうため、記事直下に自分の好きなように他のコンテンツが入れられなくて困っていた。


スクリーンショット 2012 08 31 16 18 29


↑ こんな感じ。
ただ簡単な設定で関連記事の位置を変更できることを最近知った。
知ったのはこちらの記事。
ありがとうございます。

Sponsored Links


WordPress 「Similar Posts」(関連記事表示プラグイン)の導入方法と使い方



スクリーンショット 2012 08 31 16 23 40


↑ まずは設定から上記のように「Output after post」の「Activate」を「No」にする。


次にシングルページのphpをちょこっと変更。


[html]

なまら関連した記事はこちら


[/html]


私の場合は「content-single.php」の任意の場所(広告の下)に上記のコードを書き足した。
この<?php similar_posts(); ?>の部分が関連記事を読み込む場所となる。

スクリーンショット 2012 08 31 16 30 39


↑ そうするとこのように関連記事の場所が自分の指定した位置に変わった!
うれしーw

RSSはRSSで変更できそうなのでかなり便利ですね、これは。
いやー今までずっと動かしたかったので嬉しい限りですw

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top