なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

ディズニーランドで携帯電話を紛失したけれどすぐに手元に戻ってきました

Sponsored Links





ディズニーランドに来ております。
で、さっそくトラブル。
なんと携帯電話を紛失しました。
iPhoneではなくて会社貸与のdocomoのガラケー、こ、これはヤバイ。

Sponsored Links



さっそく自分のiPhoneからガラケーに電話してみると呼び出し音が鳴らずに留守番電話サービスに繋がる。
「?」
ということは携帯電話の電源が入っていないということか?
当然電源は切っていない。
それとも落とした際にバッテリーが外れてしまっているのか?

マジでやばいかも…と思いながら最初に乗ったダンボの前にいたキャストさんに聞いてみる。

俺「携帯電話を紛失したようなんですが…」

キャスト「ダンボに乗った際に紛失されましたか?」

俺「来園して最初に乗ったのはダンボで、その後にふたつ乗りました」

キャスト「わかりました、では捜索いたします」

俺「ただ、電話をかけてみたのですが呼び出し音が鳴らずに留守番電話につながってしまうので、破損しているかもしれません。どっちにしろ電源は入っていないようです」

キャスト「ディズニーワールド内での携帯電話の紛失は貴重品扱いなので個人情報の観点から携帯電話の電源を落とした状態で保管いたします」

俺「(なるほど、これは確保されてる可能性の方が高いかも…)」

キャスト「それでは、電話番号、携帯電話の特徴を教えてください」

俺「docomoの二つ折りで黒い電話です」

キャスト「それでは捜索いたしますので少々お待ちください」

《5分後》

キャスト「お電話をお預かりしています、それではお名前をお聞きしてよろしいですか?」

俺「春友(仮名)です」

このようなやり取りの後、落とした携帯電話が保管されているところで、氏名、住所、電話番号を書類に記載して受け取ることができた。
子供が乗ることのできるジェットコースターでポケットから落ちたらしかった。

携帯電話を受け取って、迅速化つ丁寧な対応はとてもありがたく本当に助かった。
また、個人情報の観点から電源を切って保管しているという点と、電話が保管されていることを確認してから初めて名前を聞かれたのには驚いた。
個人情報の取り扱いに関してスタッフに徹底した教育がなされ、みんなで共有されていることを強く感じた。
おそらくどのキャストさんに訪ねても同じような対応をしてくれたのだと思う。
いや、おそらく間違いないだろう。

無くした携帯電話に電話して、呼び出し音無しで留守番電話になる。
おそらく破損したのだろうと絶望した。
でもね、今回の件でむしろディズニーでは呼び出し音が鳴らない方が出てくる可能性が高い気がした。
携帯電話を紛失した際は近くのキャストに尋ねよう。
迅速かつ丁寧に対応してくれるだろう。
ディズニーで携帯電話の紛失は手元に戻る率が高いと聞いていたが今回の対応で納得した。
この度対応してくれたキャストさん、本当になまらありがとうございました。




↑ このアトラクションに並びながらこのエントリーを書きましたw

Posted from するぷろ for iPhone.

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top