なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

おでんの常識を覆すタネ「半熟ゆで卵」をおでんネタにしたらやばいくらい旨かった!

Sponsored Links


IMG 1535


おでんの具で1番好きなのは卵です、春友( @spring_friends )です。
昨日こんなエントリーを書きました。

オイスターソースでつくる簡単絶品おでんつゆの作り方 | なまら春友流

このオイスターおでん、めっちゃ旨いんで試してみて欲しいのですが、実は翌日にもお楽しみを仕込んでました。
それは、

「おでんの具としての半熟ゆで卵」

昔、おでん屋さんで出してもらったことがあったんですがめっちゃ旨かったんですよね。
それをふと思い出して自分で作ってみましたよ。

Sponsored Links


まずはゆで卵作り

半熟ゆで卵を何分茹でたらどのくらいの黄身の具合になるかを知りたい方はこちらの記事をご参考に。
動画もありますのでわかりやすいかと。

うまい半熟ゆで卵を簡単に作ろう!黄身のとろ〜り具合がわかる動画付き! | なまら春友流

冷蔵庫から出してすぐの卵を茹でて、黄身はとろ~んとした状態にしたかったので6分半くらい茹でようかと。
ちなみに6分ゆでた黄身はこんな感じ。

ってことでなんとなく6分半に決定。

おでんのつゆに浸ける

Skitched 20121209 165926


ジップロックにひと通り具材を入れた後の「おでんつゆ」を適量入れます(おたま2〜3杯)。
そこに6分半ゆでたゆで卵を殻を剥いて入れます。
ちなみにタンパク質は50度以上で組織変性を起こすのですが、卵って黄身は70度で固まって、白身は80度で固まるとのことなのでそれほど温度に過敏にならなくても大丈夫でしょう。

Skitched 20121209 170338


ジップロック内の空気を抜いてチャック。
後は1日冷蔵庫で浸け込むだけ。

翌日は常温に戻しておく

食べる前(数時間程かな)には常温に戻しておきましょう。
理由は、2日目のおでんつゆに半熟ゆで卵を入れて温めて食べるのですが、冷蔵庫に入ったままのものをあたためると単純に温まりにくいからです。
それこそ中の黄身まで温めるとなると黄身が固まってしまいますからね。
ってことで常温に戻しておいてから2〜3分くらい沸騰しない状態のつゆで温めるのがいいのかと。
そうやって出来上がった「おでんの具としての半熟卵」がこちらです。

おでんのつゆに1日浸けこんでおいた半熟ゆで卵を2日目のおでんつゆで温めて食べる。
味はしっかり付いているし半熟なのに黄身は冷たくない。
これね、めっちゃ上品な一品ですよ。
なまら旨いです、マジで。
ってことでちょっと手間はかかりますけれど気になった方は是非お試しを。

IMG 1537

Sponsored Links


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 黄身がトロットロで美味しそうですね(*^o^*)
    私も、煮卵はよく作るんですが(^-^)

    • やまさん

      コメントいただきありがとうございます。
      煮卵おいしいですよね。
      僕は半熟ゆで卵が好きなので多少の手間はかかりましたがおでんで作ってみました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top