なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

禁煙外来のCMがやたらと目についたので禁煙外来の費用や薬について調べてみた

Sponsored Links


SingaporeSingapore / taylorandayumi



煙草を気合のみで2年前に辞めた春友( @spring_friends )です。
最近テレビでやたらと禁煙外来のCMが多くて気になったので禁煙外来についてちょっと調べてみました。
禁煙に成功した身としてはブログに「禁煙します宣言(リンク)」をするのが一番効果があると思っていますが(笑)

Sponsored Links


禁煙外来と健康保険適用

禁煙外来とは全5回にわたって行われる禁煙に向けた治療のこと。
治療方法はニコチンパッチを貼り付けるか経口薬(飲み薬)を飲むことで行なう。
保険適用の条件は以下の4つの要件を全て満たすこと。

  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたもの
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上の者であること
  • 患者自信が直ちに禁煙することを希望していること
  • 禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意していること

外来は1週目(初診)、2週目、4週目、8週目、12週目といったように3ヶ月くらいかけて治療されるのが一般的。

禁煙外来で処方される薬と保険適用された際の金額


ニコチネルTTS(ノバルティスファーマ)…12,000円ほど

医師の処方箋が必要なニコチンパッチ(貼り薬)。
平成18年6月1日から保険適用。


チャンピックス(ファイザー)…18,000円ほど

こちらも医師の処方が必要な飲み薬。
ニコチンは含まれていないのが特徴。
平成20年4月18日から保険適用。

上記2種類の薬が処方された場合に限り保険適用となる。
効果のほどは、薬を使わない場合と比べてニコチネルTTSは2倍、チャンピックスは3倍の効果があるといわれている。
(ブログで宣言すると10倍くらいの効果があると個人的には思っている…)

それぞれ1社のみの独占状態なのはどうなのかな…とは個人的に思いますがね。。。

禁煙外来が受けられる施設は?

禁煙外来・禁煙クリニック一覧 ~ 禁煙治療に保険が使える医療機関情報最新版(ニコチン依存症管理料算定医療機関)

↑ 上記サイトが全国で受けられる施設を検索できるので便利。

一般でも購入できる禁煙グッズ

NICORETTE Nicotine Polacrilex Gum, 4mg – stop smoking aid – 200pcs 海外直送品・並行輸入品
by カエレバ

↑ ジョンソン・エンド・ジョンソンで販売しているニコチンガム。

電子タバコ 【タバコ味 】 <お徳用>本体+カートリッジ10本セット+カートリッジ10本(計カートリッジ20本)
by カエレバ
煙の出る電子タバコ ヘルスイーシガレット2 Health e-Cigarette2 メンソール味 本体
by カエレバ

↑ 電子タバコ。

他には薬局で購入できるノバルティスファーマの「ニコチネルパッチ10」と「ニコチネルパッチ20」の貼り薬もある。

禁煙アプリ

糸井重里のはだかの禁煙日記。 1.0
価格: ¥450
カテゴリ: ブック, ヘルスケア/フィットネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


禁煙ヨーガ呼吸 気がついたらタバコをやめていた7日間プログラム 1.0
価格: ¥85
カテゴリ: ブック, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


気がついたらやめていた禁煙呼吸法 1.0.0
価格: ¥500
カテゴリ: ブック, メディカル
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


節煙生活 1.0
価格: 無料
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


禁煙ノート 1.5
価格: 無料
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


かなり多くのアプリがある。
「禁煙」でAppStoreで検索したらいくらでもヒットするので気になる方は検索してみるといいでしょう。
私の場合はブログで宣言してTwitterで呟きみんなに泣き言を聞いてもらうことで辞められたのでSNSとの組み合わせは必須かと。

最後に

まぁ現状吸わない側からすると禁煙外来で医療費を使ってるってことは気に入らなかったりするのだけれど(気合で辞めたし)色々あるんでしょうな。
まぁ今は20歳になっても吸わない人の方が多いんでしょうけれど。

ちなみに私が辞めたのは2010年10月で、現在まで2年3ヶ月間1本も吸わずに経過している。
上でも書いたけれど私は気合のみで辞めた。
というかこちらの記事(リンク)を読んでいろいろ触発されてしまって便乗して辞めるとTwitterで呟いたのがきっかけ。
そしてブログで宣言(リンク)して引くに引けなくなった。

今思い返すと初日はとにかく脳内の99%が煙草のことを考えていた。
残りの1%でなんとか普通に生きていた感じ。
チェルシーの1袋を1時間くらいで食べたりしてたのも鮮明に思い出せる(笑)
最初の1週間はとにかくつらくて飴ちゃんばかり食べていたけれど1ヶ月、半年と経ってくるとだんだん慣れてくるようにはなった。

ただひとつ意識していたのは1本でも吸ってしまったらもう絶対に禁煙できない自信があったから絶対に吸わないようにしてたってことくらい。
要するに気合ね(笑)
ずっと18年間30〜40本吸ってたのでね。
おかげさまで今はどんなストレスにさらされても煙草には手を出す必要はなくなりましたよ。
辞めて良かったとは心から思ってますね。

まぁ太ったけど。

《参考リンク》

禁煙外来(Wikipedia)

禁煙グッズ(Wikipedia)

ニコチン依存症管理料情報

禁煙外来の費用・内容(ひよしクリニック:山口県防府市)

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top