なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

僕のDpubへの想い

Sponsored Links


今日はDpub7。
第1回目に誘っていただき前回の福岡開催以外はすべて参加させていただいている。
第1回の最後にはたちさんの無茶振りで閉会のスピーチまでさせていただいたのは何よりの良い思い出だ。
スピーチでは「第2回、第3回と続く会になって欲しい」とスピーチした記憶がある。
なんという生意気な物言いだろうか。
今や第7回目、しかもわずか数分でソールドアウトするというモンスター飲み会なのだから。

人が成長すると会も成長する。
みんなで成長させている。
それがDpub。

Sponsored Links



今の私の環境は第1回目とはガラッと変わった。

初参加の時はただただオロオロし、ただただ楽しかった。
憧れのブロガーの中の人に会えるということは芸能人に会うよりも刺激的だった。
その時の感情は今でも変わっていない。
それが第2回、3回と続き今に至っている。
今回の第7回目でも会いたい人に会い、酒を飲み、しゃぶしゃぶを喰らう。
そこにはなんとも言いようがないふわふわとした、そわそわとした空気と笑顔だらけの風景が広がっている。
3時間が永遠に続くように感じながらも実は1分くらいで終わってしまったのではないかという儚さがある。

僕のDpubに対する印象はこんな感じ。
それは今までもこれからも変わらない。
ずーっと開催されたら遊びに行きたい場所、それがDpub。

でもね、もう一回言うけど僕の環境が変わった。

先日退職届を会社に提出し、これからはラーメン屋を始めることになる。
今までの土曜日、日曜日の休みはおそらく確保できないだろう。
ということは僕にとってのDpubは今日が最後になってしまう可能性が高い、非常に残念なことだが。

北海道から横浜に転勤してきて5年、ブログを書き始めて3年、初めてのDpubからも3年。
知らない土地の横浜で初めて友達ができたのはブログを通じてだった。
30歳を過ぎてからこんなに全国に友達ができるなんて思ってもいなかった。

そして、間違いなくDpubが僕の人生を加速させた。
ここで出会った人達に刺激を受け、自分には何ができるのかを考え、ラーメン屋をやることに繋がった。
今はいつかやりたいと思っていただけのことを現実に向けて動き出している自分がいる。
これはDpubで出会った人とのその後の繋がりがもたらした自分の変化だ。

新しいことには当然不安もあるけれど、それ以上にふわふわした、そわそわした、それでいて楽しいに違いないという気持ちがある。
そう、初めてのDpubに向かう時のような高揚感が確かにある。

私にとっては今日が最後のDpubになるかもしれない。

今日の雨は参加したくてもできなかった人の涙と、僕の涙もちょっとだけ混じっているのかもしれない。

PS. 今Dpubに向かう電車内でこのエントリーを書いています。
そして、普段はラフな格好で参加してましたが、今日の僕はなんとなくスーツを来て参加してます(笑)
茶色いスーツを着てますので見かけたら話しかけてください。
皆さんお話しましょう!

そして、書いてるうちに雨が上がってきました。
みんなの晴れやかな気持ちが雨をやませたのかもしれないですね(笑)

Posted from するぷろ for iPhone.

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top