なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

子供が一人で飛行機に乗ることができるANAの「キッズらくのりサービス」はとても安心できるサービスでした

Sponsored Links


IMG 3216

先日、長男が初めて飛行機に一人で乗りました。
息子の年齢は7歳、ANAの「キッズらくのりサービス」を利用しての一人での搭乗。
区間は新千歳空港〜羽田です。

Sponsored Links


ANAキッズらくのりサービス【国内線】/サービス概要│航空券│ANA国内線

事前の手続きは上記のANAページを見ていたただく必要があると思いますが簡単にポイントを。

  1. 6歳〜7歳(希望により11歳まで)の子供が対象
  2. 座席を予約後、「ANA予約・案内センター」に電話で申し込み(インターネットでは申し込めない)
  3. 申込書に必要事項の記入(搭乗当日の空港カウンターでも記入可能)
  4. 出発時刻30分前に「らくのりカウンター」で受付し、首から切符をかけてもらい「らくのりキッズ」バッジを付ける。
  5. 署名した保護者と一緒に手荷物検査場を通過して搭乗口まで行く
  6. 一番先に係員に連れて行ってもらって搭乗(最後の場合もあり)
  7. 目的地に付いたら係員と共に到着ロビーへ
  8. 出迎え者が署名をしてサービスの終了

Skitched 20130405 081746

↑ カウンターで申込書に記入(署名)をし、航空券と名前などの書かれた紙が入ったケースを首から掛け、バッジを付けておく。

Skitched 20130405 082042

↑ 同伴する保護者には手荷物検査場を通過できる通過証が渡される。

IMG 3216

↑ 係員に連れられて一番先に機内へ案内された!!
いちばん最初に案内されるとは思っていなかったので、息子の背中を見て単純に羨ましいと思いましたね(笑)
当の息子は係員のおねえさんに「パパにバイバイは?」と言われて初めてこちらを向いてバイバイするような感じでしたがね。
ちなみに機内持ち込みできるサイズのキャリーケースを持たせていたのですが係員さんが対応してくれるので、搭乗前に手荷物を預けておく必要もありませんでした。
ちょっと大きめのキャリーケースでしたのでちょっと心配してましたが全くの杞憂でしたね。
で、機内へと消えてゆきました。
その後1時間半後に羽田の到着ロビーに係員に連れられてサービスの終了となります。

子供の成長は早いもの。
ちょっと前まで帰省の際は機内で膝の上に載っていたと思っていましたが、今日から彼は2年生。
新幹線にひとりで乗せるのはもうちょっと経ってからって思うけれど飛行機は途中にほとんど動き回らないので親としても安心して乗せることができます。
そして、初めての利用でしたが、ANAの「キッズらくのりサービス」はとても安心できるサービスだということもわかりました。
さすがにANA、係員さんの対応は素晴らしいですね。

最後に、到着ロビーで長男を出迎えた奥さん曰く、行く前と帰ってきた時の顔つきが違ってたとのこと、いい意味でね。
この数日間の二人一緒の帰省で何か成長したのかな。
やっぱりかわいい子には旅させよ、ってことですな ♪

JALのサービスや料金のことについては以下のYahoo知恵袋の回答が非常によくまとまっています。

飛行機は子供が何歳になれば一人で乗せても大丈夫なのでしょうか? その際は、搭乗… – Yahoo!知恵袋

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top