なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

たった1日のためだけにつくられるラーメンがある!一風堂の「四季のラーメン」『ラーメンはロックだ!』

Sponsored Links


IMG 3345

11:00開店。
一年に一度のために作られるラーメンガある。
一風堂プロデュースの「四季のラーメン」がそれだ。
今回のラーメンは「ラーメンはロックだ!」だ。

今までこのイベントは知らなかったが先日飲み会で知りあったライターである佐々木さんにお誘いいただき伺うことができた。
この場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございました!

Sponsored Links


「四季のラーメン」とは?

IMG 3358

一日だけしか味わえない創作ラーメンを提供する一風堂のイベント。
麺やスープはもちろん器やユニフォームまでこの日のためだけに創り上げられるという徹底っぷり。
開演11:00前に開催地の新横浜に到着したにもかかわらずすでに27番目。
しかも場所は「ラーメン博物館」の目の前とか(笑)

IMG 3346

待合室から世界観がある

IMG 3353

一度に作ることのできるラーメンはだいたい15食くらいみたいで、その次の15人くらいは待合室で待つことになる。
で、この待合室から既に独特の世界観がある。
まず和のダシで取られたお茶が出され、目の前にはスープに使用している愛媛県・伊吹産の煮干しが置かれていて食べ放題(笑)

IMG 3357

厨房の様子を見せてくれる大スクリーンがありソファーは赤で食欲を掻き立ててくれる。

で、待つこと40分、ついに待合室を出ることに。

2013年の四季のラーメンはどんなの?

IMG 3363

席に案内されて座ると卵と黒七味。
卵は何卵なのかわからないまま待っているとほどなくしてラーメンが登場。

IMG 3365

IMG 3367

スープはどんなの?

IMG 3371

スープは煮干しがガツンと効いている豚骨スープ。
相当に煮干しと昆布が効いている感じ。
一風堂のスープに和を足してさらに煮詰めた感じで濃厚なスープ。

麺はどんなの?

IMG 3368

麺は極太、というかラーメンの麺ではない。
この麺を見た瞬間、ラーメンとして食べることをやめて、ひとつの料理として向き合うことにした。

具はどんなの?

IMG 3370

IMG 3369

牛肉(すき焼き風)と揚げゴボウと玉ねぎとネギ、あとショウガのスライス。

IMG 3374

そして、途中からはじめから置いてあった「温泉卵」を投入。
この具もラーメンとはかけ離れているよね。
ってことで改めてラーメンとしてではなくひとつの料理として食べることを深く決意。
黒唐辛子はかなり見た目も味もかなり気に入ったので自分の店でも検討しようかと。

で、味はどうなのよ?

旨かったよ、うん、旨かった。
でももう1回食べたいかと言われたらそうでもない。
1回でいいかなって感じ。
ただ、このイベントにはもう来たくないかと言われるとそうではなくてぜひまた来たい。
というかそもそも1日だけのために作るラーメンだからまた食べたいとか言うのは関係なくて、次回はどんなラーメンが出てくるんだろうというワクワク感がこのイベントの特徴だったなと再認識。

最後に

今まで知らなかったけれど、このイベントは素晴らしいと思いました。
何が素晴らしいか?
ラーメンを作ることがイベントになる、そして、イベントはどんなことでもイベントになるってことを改めて知りました。
さすが日本一成功しているラーメン店のオーナーだと思いましたね。
成功している人がさらにガツガツと研究し発表する。
ラーメン屋のオーナーというよりも発信者ですよね。
これからラーメン屋を開業する身としては、商売を始めることにとてつもない可能性を感じることができました。

そして、採算度外視ですよね、このイベントは。
こういうイベントを行うことで業界を盛り上げるっていうところがすごいなぁと思いました。

で、最後に一風堂オーナーである河原さんにご挨拶をさせていただきました。
なんか、どうしても自分もラーメン屋を始めるんだ!ってことを伝えたかったんですよね。
なので、忙しくしているにもかかわらず「ちょっとご挨拶をしたいのですが」とスタッフの方に告げて呼んできて貰いました(どんだけ迷惑なやつかと、すいません)。
で、6月に横浜でラーメン屋を始めるということをお伝えすると「開店したらお店の場所を教えてね」と言って名刺をいただきました。
握手したその手は大きくものすごいパワーを持った人だということがビンビンに伝わりましたね。
まさにロックだわ。
お店にいてもやはりひとりだけ醸し出しているオーラが違ってましたね。
お忙しいなか初対面の私に快くご対応下さりありがとうございました。
ということで「四季のラーメン」堪能してきました。
すごくいい経験ができました。

そして最後に改めて誘っていただいた佐々木さん、ありがとうございました。

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top