なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

飲食店経営者はブログを運営した方がいいと思う3つのメリット

Sponsored Links


IMG 4442

ラーメン店「らーめん春友流」を経営してます春友( @spring_friends )です。
開店して早5ヶ月が経過したわけですが僕は一応ブロガー(執筆業)としても個人事業主として開業届を提出しています。
まぁ、ラーメン店もブログの執筆でも収益はそれほど多くはないのですが、もともとサラリーマン時代からブログを始めていて現在3年半ほどブログは書いています。
ラーメン店は2013年6月に開店なのでブログのほうが年季は入っていますね(笑)
なのでラーメン店を始めてからブログを始めたわけではないのですが、飲食店経営者でブログを始めていない方は始めたほうがいいよ!ってことと、今の自分がやっぱりブログを運営していて良かったなぁ〜としみじみ感じるのでそんなことをつらつらと書いてみようかと。
うん、デメリットはひとつもないと思いますね、ブログって。

Sponsored Links


世界中の人に費用をかけずにアプローチできる

これは言わずもがなですね。
インターネットってすごいなぁと改めて思います。
で、ブログの人気があればあるほど様々な人に読んでもらえるわけで、さらにSNSと組み合わさることでバズることもあったり。
たくさんの人に読まれるとどんどんブログの認知度も上がっていって、ブログが読まれるようになってくると中の書いている人に興味をもってもらえるようになってくるんですよね。
そして、中の人に興味をもってもらえると特定のジャンル(例えば僕の場合は最初はiPhoneのことが多かった)以外のことを書いてもその人が書いているっていう視点で読んでもらえるようになってくるんだと思いますし、さらに違うクラスタの人も読者になってくれたりします。
ブログがそのように自分メディアとして確立してくると書く方も読み手のことをより考えて書くようになるし。

で、飲食店オーナーがブログを運営する一番のメリットは自分の言葉で自分のお店の良さを世界中にアピールできるということです。
ブログの成長に伴ってそのアピールできる範囲は広がっていきますし、なにより書くのは自分です。
飲食店って宣伝を自分でやらないと費用がけっこうかかるんですよ、ほんと。
もうね、簡単に営業マンが「5万です」とか言うんですよ。
ありえないですって、個人事業主からしてみたら(笑)
なのでブログが成長して、個人メディアとして認知されてくると多くの人に自分のお店を宣伝できるようになります。
宣伝というか、「僕はお店でこんなことをやっています」とかを自分の言葉で自分の媒体(ブログ)で発信できるわけです。
ステマ乙自分、って感じですよね(笑)

自分で商売をやるうえで門戸は広いほうが確実にいいわけで、インターネットで自分メディアをもてる状況が整っている現在であれば使わない手はないわけです。
新しいお店を開いて、自分では意気揚々と息巻いていても世間はそんなに息巻いているわけではなくて淡々としているものですし、門戸はやはり広いにこしたことはないわけです。
なので自分メディアとしてのブログはあったほうがいいと思うのです。

らーめん春友流 Facebookページ

↑ こうやって自分のFacebookページなんかもさらっと掲載できるし。

Amazonなどで備品が割引になる

お店を始めると必要な物がとてつもなく多く出てきます。
ラーメン店で言えば、キッチンハイターとか胡椒とかラー油とかetc。
そして消耗品の多くはAmazonで購入できます。
僕はAmazonプライム会員ですので頼んだら当日もしくは翌日に届く商品が多いです。
で、ブログを始めるとアフィリエイトリンクをブログに貼り付けることができるので、そのリンクを踏んで商品を購入すればアフィリエイト収入があります。
お店用のAmazonアカウントを別に作ってという手間はありますが、購入する数によって3.5%以上のキャッシュバックがあるのはかなり大きいです。
また、Amazonの場合ですと宅配で届きますので買い物に行く時間のない忙しい飲食店オーナーにはもってこいなんですよね。

スクリーンショット 2013 11 25 14 45 09

↑ 僕の場合ブログのフッター部分にAmazonのアフィリエイト用バナーを貼り付けているのでこちらから購入しています。

2013.11.27 追記
私の認識不足で規約違反の行為でしたので今後は控えます。

リンクで謝辞を伝えられる

飲食店のレビューはググればインターネット上にほぼ存在する昨今、その内容を読むことで客観的に自分の作っているものを見ることができるわけですけれど、中には超嬉しい記事もあったりします。

で、大抵ブロガーって自分の記事が他のブロガーに引用されると非常に喜びます。
僕も自分の記事がブロガーに引用されるとものすごく嬉しいです。
なので、自分のブログに感銘を受けた記事のURLを引用すると書いた人も喜んでくれるだろうと思ってリンクを貼るわけです。
例えばこちらの記事なんかは10回以上読んだりするくらい嬉しかったわけです。

ラーメンのおいしさについて、春友流を食して驚愕した日 – B-CHANの日記(iPhone活用やたくさんの趣味やできごとなどなど)

この @B_CHAN_KZY さんの記事。
もうね、悶絶するほど嬉しいわけです。
特に以下の部分。

一方、A、B、Cという3つの素材を調合して、Dという味を創り出しているのが春友流。

そしてそのDがとんでもなくおいしい。

で、このように自分のブログ内に引用することで謝辞を伝えたいわけです。
ブログという自分メディアだと引用することで自分の気持ちを相手に伝えられるんですよね、文章にすることで明確になるというかね。

リンクを引用するわけではなくても、その日に来てくれたお客さんのことを書いたりもできるわけで自分の気持ちを素直に書けるメディアがあるってやっぱり便利なわけです。

他にもメリットを上げればきりがないわけですが、とりあえず費用面でも宣伝においても感謝の意を示すことにおいてもブログって便利なわけです。
で、それって飲食店においてかなり大事な要素だと思うんですよね。
個人的にはラーメン店を開店した今、ブログを運営していてほんと良かったなぁ、としみじみ思うわけです。
これからも僕はブログを書きながら共にラーメン店を経営してゆくつもりですし。
セルフブランディングにもってこいですからね、ブログは。

書くことはその都度変わるけれどこれからも自分とブログとお店がそれぞれ成長してゆけるように三位一体となってやっていければいいかな、と。
書くことって頭の中の整理にも繋がりますし。
で、食とブログってけっこういい組み合わせなんだと思うんですよね。
そして、ブログを読んでくれた人にほんのちょっとでも何かを残すことができればこの上なく嬉しいわけです。

Sponsored Links


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. amazonのそれは規約違反です。

  2. Amazonアフィリエイトを自分で使うのは、規約違反になりませんか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top