なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

Macアプリ「Pages」で店舗案内用簡易Mapを作成してみた

Sponsored Links


店舗用の簡易MapをMacのPagesを使って作成してみました。
今までこういうMapは作成したことがなかったのですができるもんですね、アプリ万歳。

Sponsored Links


まずはGoogleMapをトレース

スクリーンショット 2014 04 08 17 27 13

↑ 作業はこんな感じで実際の地図を写して描いてゆきました。
デジタル版の写し絵ですね。
使ったアプリはMacの「Pages」
こちらの記事で知りました。

アットホームな日々: Macで地図を書こう!

↑ こちらの記事を読まなければ自分でMapを描こうとは思わなかったです。
非常に助かりました。

Pagesの使い方を知る

初めて触るアプリは何ができるのか分かりません。
ってことで調べるしか無いんですよね。
で、ある程度最初にできることがわかっているかどうかで作業効率はだいぶ変わってきます。
わからないまま弄リ続けても時間がもったいないですしね。
ってことで、Pagesに関してはこちらの記事が動画付きなので助かりました。

Pagesの基本的使い方 : Multimedia Presentation

大事なのは道路かな

Mapに関してはどの道路に面しているのか、それが一番大事かと思ってます。
で、今回こういうMapを作ろうと思ったのは新聞の折り込み用チラシを作成しようと思ったからです。
で、このMapを見て欲しい対象者はご近所さん(半径2Km以内)なので、道路は主要道路だけを描くように意識しました。
道路を描きすぎると見づらくなってしまうので。

最後に

とりあえず店舗案内用のMapってお店をやってると必要になることがままあります。
でも、こうして一度作っておけばいろいろな場面で使用できるので重宝します。
ということで、「Pages」を使ったMapの作成のお話でした。

Pages
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

Sponsored Links


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 情報ありがとうございます!きれいに作りましたね。
    pagesでもマップを作れるとは知らなかったです。前はPSで作ったことがあります。
    使ってみます~

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top