なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

「真面目」と「本気」と「がむしゃら」

Sponsored Links


本気で仕事やってる人の「本気」ってのを自分でお店を持ってからわかった。
というか「本気」で今まで何かやってこなかったんだと気付かされた。
今まではなんとなくやってきた感じ。
与えられた仕事に対して「真面目」にやってきた感はあるけれど、「本気」で仕事をしているサラリーマンって「与えられた仕事」ってたぶん思ってないんだろうね。
そんな感覚が今になってやっとわかった。
自分のお店を持って初めて実感としてわかったって言える。
おせーよ(笑)
1年近く経ってやっとそういう振り返りができる余裕もできてきたのかな。

Sponsored Links


思い返せば「がむしゃら」に頑張ってる時って何かを始めた時に多い気がする、自分は。
高校生になった時の勉強や部活、大学生になって大学に行かずに始めたラーメン屋でのアルバイト。
大学を卒業して就職した最初の会社。
引き抜いてもらった転職先の会社。
どれも1年目は「がむしゃら」にやってきた感はあってそれなりに結果も残してたように思う。
2年目からはなんとなくこなしている感じが今思うと否めない。
慣れってやつか、2年目のジンクスと呼ばれるものもこの気持ちの持ち方の違いなんだろうね。
というか、今のプロ野球選手って2年目のジンクスに当てはまる人は少ないよね、しっかりしてるよなぁ。

で、会社を辞めてラーメン店開業。
もう少しで1年が経過するけど例に違わず「がむしゃら」にやってきた。
でも今までのような2年目の気分でいたらまったくうまくいかないんだろうな、というのは実感としてある。
あと、「がむしゃら」なだけでもあんまり良くなくて、愚直に繰り返しつつ進化していかないといけないんだよなー、ってのも思う。
そう、これが「本気」ってやつな気がしてる。
で、「〜だと思う」って言ってるうちはまだ行動に移ってないんでダメなんだよね。
あとは考えたことを行動にするのみ。
こんなん書いてる暇あったら動け!って話だけどとりあえず飲んでるんで書いとくw

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top