なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

iPhone 6 Plus がでかいんで Assistive Touch をオンにして片手操作を安定させた件

Sponsored Links


iPhone 6 Plus でかいです。
でかくていいことも多いけどデメリットもあります。
私が一番のデメリットを感じたのは電車内。
座れるときはいいのですが、立っていると片手はつり革につかまりますのでiPhoneを操作しようとしたらどうしても片手だけで持つことになります。
そうなるとiPhoneの真ん中あたりを指と手の腹でバランスを保って持つことになるのでホームボタンが押しづらくなります。
というかホームボタンを押そうとしたらそれまでバランスを保っていたiPhoneを片手のまま持ち替える必要があるので落としてしまう危険性が非常に高くなります。
何度か「あぶねっっ」ってなりましたしね。
しかも電車の揺れも合わさった場合なんかもう考えたくない状況です。

Sponsored Links


そこでアクセシビリティの Assistive touch の利用です。
自分の押しやすいポジションにタッチボタンを置いてあげればiPhoneを片手だけで持ち替える必要がなくなります。

イメージ

IMG 5491

↑ 一般》《アクセシビリティ》からAssistive Touch へ。

常に表示させるのは邪魔だなーって思っていても電車内など片手でiPhoneを操作する時間が長い場合はけっこう便利です。
同じように困っていた方は是非試してみてくださいね。

IMG 5493

↑ ちなみに私はiPhoneを左手で持つのでこの位置に置いてます。

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top