なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

こんなに便利になってたのかATOK!iPhone6 Plusで片手フリックが可能に!

Sponsored Links


こんなに便利になってたのかATOK!iPhone6 Plusで片手フリックが可能に!

こんなに進化してたんですね、ATOK。
昔はiPhoneだけでブログ更新してました春友( @spring_friends )です。
文字入力方法のひとつとして確立したフリック入力。
iPhone5 シリーズまでは快適に片手でフリックできてました。
で、6 Plusの登場。
うん、片手でフリックは無理でした、でかいからね。
そして、それに伴いブログの更新頻度も下がっていき(←言い訳)今に至るわけですけれども、なんとなくFacebookなんかでATOKの話題を見ていて久々に立ち上げてみたらこれびっくり!
すげぇ進化を遂げているじゃないですか!
というわけで久々にiPhoneでブログを書いています。
あと、ATOKのどこが気に入ったかちょっとご紹介。

ATOK for iOS -日本語入力キーボード ATOK for iOS -日本語入力キーボード
価格: ¥1,500
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

Sponsored Links


iPhoneのユーザー辞書を引き継げる

IMG 6586

ATOKアプリは出てすぐ購入したわけですが最初のATOKはこりゃまぁひどくて使い物にならなかったんですよね。
あー高い買い物したなーって思っててその後全然使わなくなったんですけど、継続して使えなかった一番の原因はiOSのユーザー辞書を引き継げなかったこと。
iPhoneでブログというか文章なんかを書く際はユーザー辞書に登録した短縮文字をよく打つんですよね。
例えば「かつ」と打つといろんなカッコが出てくるように登録してあったり。

それが使えないのがとにかく不便で使わなかったんですよね。
でも今のATOKはユーザー辞書を引き継げるんです、昨日(2015.3.18)まで知りませんでしたが。。。

右寄せ左寄せサイズ変更が可能

IMG 6583

キーボード配置を変更できるってのもかなり大事。
とにかく大きくなってフリックしづらくなったiPhone6 Plus。
画面に合わせてキーボードもでかくなるとフリックする際に指を滑らす範囲が長くて誤入力が頻発してたんですよね。
これがiPhone6 Plusで文字入力させるのを嫌にさせた元凶だと思ってるんですが、ATOKはキーボードサイズを小さくさせて右寄せ左寄せ&配置も変えられます。
僕は左手フリック派なので小さくしたキーボードを左寄せで使ってますがこうじゃないと使えないんですよね、片手でフリックしようと思ったら。
実はこれが僕的には一番重要だったりしますがフリック入力が好きな人はみんなそうじゃないかなー。
なんにせよこの点の改善はほんとありがたいです、というかこうでないと使わないわけですけど。
そして、PC版のATOKも購入しようと思っている自分もいます(笑)

ATOK公式サイト

というわけでATOKのおかげでiPhone6 Plusでも片手フリックができるようになりましたよ、ってお話です。
アプリ自体はちょっと高いけれど、iPhone6 Plus になってから文字入力に不便を感じている人はATOKで解決できます。
そしてこれならiPhoneがどんどん大きくなっていっても大丈夫ですね(笑)

ATOK for iOS -日本語入力キーボード ATOK for iOS -日本語入力キーボード
価格: ¥1,500
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top