なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

50km走ると身体の変化を感じた!たった11回のランでも心肺機能のアップやペースについてのあれこれを実感できました

Sponsored Links


12月の奈良マラソンに向けて今年からランニングを始めました春友です。

1月最終日の今日31日、通算11回目のランニングで総距離50kmを超えました。

いちばん最初に走ったのが1月10日の4.04km。

この時はただただ辛くて、一緒に走った小学校4年生の長男についていくのがやっとでした。

でも辛いのになんで走るのか?ということに関しては以下を。

ランニングをしてみて思ったこと。きっかけを活かすのは難しいけど、うまく理由付けすることでサクッと継続できるかもね、って思った話 | なまら春友流

自分のためではないのなら続けられるということなんですけど、今日走ってみて通算50km超えると理由付けより何より身体の変化を感じ始めたんですよね。

心肺機能がアップしているな、と。

小学校4年生の長男にも負けない感じになってきましたし(笑)

Sponsored Links



ちなみに僕は走るときに心がけていることがあります。

それは、短い距離(5km程)を走る時は1km平均5分以内で走るということ。

だいたいラーメン屋の休憩時間に走ることが多いので仕込みの間に走ることになるんですが、30分に一度スープを混ぜないといけないので必ず30分以内に戻らなければなりません。

この縛りがあるので効率よく走ろうと思うと1km5分ペースになったんですよね。

ただ、1km5分と1km4分50秒は全然違うんですよね、身体への負荷が。

そしてこの30分縛りのポモドーロランニング(?)を繰り返すことで心肺機能がアップしているように感じています。

最初の数回のランはほんとただただ辛いだけだったんですけどね。

そんなことを考えつつ11回走り、通算50kmを超えると5kmくらいまでは淡々と同じペースで走ることができるようになりました。

でも最初の1kmが一番きついのは毎回同じなんですけどなんででしょうかね?

ブログも100エントリーしたらアクセス数が劇的に変わるように、ランニングもまた100km走る頃には今より何かが劇的に変わるような気もしています。

というか心構えが変わるのかな、いろいろと。

というわけで50km走ったよ、というお話でした。

奈良マラソンまであと11ヶ月!

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top