なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

iPhoneでWindowsPCのスクリーンショットをサクッと取得!これ、iPhoneでブログ書く人に超便利!

Sponsored Links


必要なものは、Microsoftアカウント

そして、Microsoftアカウントを取得するために必要なものはメールアドレスだけど、実は無くても大丈夫。

既に持っているメール アドレスを Microsoft アカウントとして使うことも、Outlook.com で新しい Microsoft アカウントを作ることもできます

引用元:Microsoft アカウントに新規登録するにはどうすればよいですか? – Windows ヘルプ

WindowsPCをメインに使っている人にとっては作成しておいたほうがいいと思いますよ、上記リンクの中から登録ページにも行けます。

Sponsored Links



というわけで、本題。

Microsoftアカウントを取得したらOneDriveというマイクロソフトのオンラインストレージサービスが利用できるようになる。

ちなみにWindowsPCにログインするためにMicrosoftアカウントを使うこともできる(ローカルでログインするよりもこちらが便利)。

MicrosoftアカウントでWindowsPCにログインするとOneDriveは既に使える状態になっているはず。

容量は無料で5GBとのこと。

で、WindowsPCのスクリーンショットを撮るにはPrintScreenボタンを押すのだけど(ノートPCの場合はfn+PrtScr)、MicrosoftアカウントでログインしているとOneDriveに自動で保存される。

しかも、保存しましたと通知もされる。

クラウドであるOneDriveに保存されたら後はそれぞれのデバイスのアプリなどを使うことでどんな端末でも共有できる。

iPhoneアプリのOneDriveにもすぐに同期されるのでiPhoneのカメラロールに保存できる。

iPhoneのカメラロールに保存ができればiPhoneのどんなアプリでも加工が可能になるので、iPhoneでブログを書いていたり、いろんな作業をiPhoneで行っている人にはとても便利。

私の場合はWindows10のスクリーンショットを利用してブログを書く際に重宝している。

WindowsPCがメイン使いで、iPhoneブログを書く人はOneDriveは必須。

あんまりそんな人いないかもですけどね(笑)

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top