なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

iPhoneのメールアプリでWindows内のファイルを複数添付する方法

Sponsored Links


出先などiPhoneだけを持参していてPCを持ち歩いていない時に限ってPC内のファイルが必要になったりする。

「あのファイル、メールで添付して送ってね!」みたいな。

OneDriveアプリ内のファイルから「メールで送信」を選ぶと、OnDriveのリンク先を相手と共有することになる。

ファイル1つにつき1つのメール。

↑ こういう感じ。

でもiPhoneのメールアプリからでもサクッと添付できるってことをiPhoneを弄ってて知った。

Sponsored Links


まずは長押し

文字入力する部分を長押しして右の矢印を数回押すと「添付ファイルを追加」という項目が出てくる。

それをタップ。

iCloudはそのまま添付できる

↑ iCloud Driveをオンにしていればその中のファイルはサクッと選択できる。が、Windowsのファイルは無いので左上の「場所」をタップ。

↑ その他をタップ。

↑ iPhoneに入れている連携されるアプリが登場。

OneDriveキター。

↑ 連携をオンにする。

これでOneDrive内のファイルもメールに添付できるようになる。

複数添付できるよ

↑ メール本文の長押しを繰り返して必要なファイルを選択してあげれば複数添付できる。

ちなみに上のメールは横浜在住の税理士さんに銀行口座のPDFを送っているところ。

複数のやり方を覚えておいて損は無い

今やクラウドが当たり前になっていてDropboxやevernoteでファイルを共有することが普通になっているけど、全ての人がクラウドのサービスを利用しているわけではない。

まだまだメールで添付することも多いと思う。

複数のやり方を知っておいてその都度やりやすい方法や相手に合わせたやり方で対応するのがいいんじゃないかな、と。

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top