なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

夏の思い出「流しそうめん」

Sponsored Links


夏のとある日、中学時代の部活の友達夫婦が集まって「流しそうめん」をするのが慣例になってきた。

友達といっても奥さんの友達だが。

6家族計約20人くらいが毎年集まる。

子供たちは小学生から乳呑み子までだけど、みんな流しそうめんを他の子供より上手にとりたくてうずうずしている。

そんな様子は見ていて楽しい(笑)

Sponsored Links



大人は大きなアルミ桶にたっぷりな氷で冷やしたビールが楽しみ。

ここで流しそうめんでの子供たちの法則。

そうめんを流し始めると子供たちはどんどん上流に上ってくる(笑)

だけど、めんを上手に取れたのにお椀にうまく入れることができない幼稚園児や、下流で一生懸命取り損なって流れてくるそうめんを完璧につかんでいた小3の我が娘。えらいな。

子供たちは思い思いに遊んでいて楽しそう。

この景色をずっと覚えていてくれたら嬉しいな。

そして、夏になれば流しそうめんをしたいからまた集まろう!と思ってくれたらそれでいい。

雨どいを使って人力で流すチープな流しそうめんだけど手作り感たっぷりなこれがいい。

みんなでちょっとずついい肉を食べたことも記憶に残る。

そして、子供のために何かをしていることって、当然大人の思い出にもなる。

年齢がバラバラな子供達、でも思い出が共通だとまたいつか一緒に笑い合える。

ビールを浴びるほど飲みながらそんなことを考えたとある日の夏の休日。

Sponsored Links


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top