なまら春友流

ラーメン屋店主兼ブロガーの春友がラーメン、ガジェット、日常について書くブログ

Sponsored Links

住宅宿泊事業法(民泊新法)に対応してAirbnbに届出番号を入力したけどリスティングが掲載されない!

2018年6月15日から住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法が施行され、届出番号を入力しなければAirbnb にリスティングが掲載されなくなりました。

実際は6月15日の前、6月の頭からリスティングが非表示になり、Airbnb に掲載されているリスティングの8割が非掲載となったと言われています。

私のリスティングも旅館業法の許可を得ているものではなかったため非掲載となっていました。

でも、ようやく8月3日に保健所の認可を受け、届出番号をAirbnb に報告し、さあ民泊の再開だ!と思っていたのですが、リスティングが掲載されません。

状態としては「リスティングが公開」されている状態になっているのですが、実際は非表示のまま。

今までは、Airbnb からの集客が100%であったため、これではまったく集客できません。

ということで、Airbnb の日本語サポートに電話してみました。

ちなみに番号は、0800-100-1008 です。

Sponsored Links


電話は土曜日の19:00頃だったにもかかわらずすんなり繋がりました。

ただ、私はスーパーホストになっていたためすんなり繋がったと思われます。

ですので問い合わせる際はAirbnb に登録している電話番号の電話機で電話をかけることが重要だと思いました。特にスーパーホストのホストの方は。

担当に繋がると、アカウント名と銀行口座の下4桁と電話番号で本人確認がなされ、トラブル(プロフィール上は公開なのに非表示)を説明。

回答としては、リスティングの確認に時間がかかっているため公開までに時間を要する場合があるとの説明を受けました。

リスティングが掲載されていない他の人のトラブルを調べると「リスティングの公開を許可できません」というトラブルもあるようなのでそうではないと一安心。

そういえば数週間前に、観光庁からAirbnb に対して届出番号の虚偽を問う報道もあったなぁ、と思いつつ。

ただ、今回住宅宿泊事業法に対応するために書類やら何やらいろいろ手続きしてみて思ったのはとにかくどこもかしこもドタバタしているということ。

保健所も消防局も市もAirbnb もどこもかしこも。

実際予約は旅行日の6ヶ月前からされていたのですが、6月初旬から強制的にキャンセルされていきました。

たぶん、ホストとしては民泊新法が施行されても6/15以前に入っていた予約は大丈夫だと高を括っていたと思います(私がそう)。

実際は強制的にそれまで入っていた予約がキャンセルされ、旅館業法の許可を得ていないリスティングは非表示になりました。

そこでようやく早急に対応しなければならないと気付いたホストが多かったと思います(←私)。

そのタイミングで日本中のホストが動き出したものだからまあ大変。

どこもかしこもてんやわんや。

で、ようやく届出が終わったけれどAirbnb に反映されるのを待っている、という状態です(←8/5現在、イマココ)

というわけでAirbnb のサポートからは最長で1週間くらいかかると言われているので気長に待つしかないです。

今繁忙期なので辛いけどね。。。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top